基本理念

母と子の権利と尊厳を擁護し、母子家庭および寡婦の福祉の向上を図ります。
母と子の自立への歩みを支え、地域社会での生活の安定と向上をめざします。

法人概要

県内の戦争未亡人の有志が、戦後まもなく、母子家庭の生活の安定と子どもの健全な育成を願い、設立した団体です。ひとり親家庭や寡婦のみなさんの福祉の向上を目的として日々活動をしています。法人の組織や沿革、事業内容などをご紹介します。

母子生活支援施設

母子生活支援施設は、専門の職員が母と子に寄り添いながら、生活と自立を支援します。利用を希望される方の相談窓口や施設での生活の様子などをご紹介します。

愛知母子福祉センター

ひとり親や寡婦のみなさんの生活や就業等に関する様々な支援や相談窓口をご案内しています。就業支援講習会開催のお知らせや求人情報の検索・配信サービスについてもこちらをご覧ください。

公共事業・収益事業

社会福祉と関係のある公益を目的とした事業や、公益事業を支えるために実施している収益事業についてご紹介します。愛知県体育館内の「白ゆり売店」や公共施設に設置した自動販売機を是非ご利用ください。

お知らせ・トピックス

親子で文化・スポーツの体験をしませんか

名古屋市では、ひとり親家庭の文化・スポーツ交流事業として、ひとり親家庭のお母さん・お父さんとお子さんに、プロによるスポーツ教室やクラシック音楽を楽しむ音楽会を開催し、様々な体験を通して親子のふれあいやお子さんの将来を考えるきっかけづくりをお手伝いします。申込はいずれも申込票に必要事項を記入し、愛知県母子寡婦福祉連合会へ持参、郵送、もしくはFAX。

申込票は各区役所・支所または愛知県母子寡婦福祉連合会で配布、もしくは愛知県母子寡婦福祉連合会HPからダウンロード可。

「平成29年度名古屋市ひとり親家庭文化・スポーツ交流事業について」の続きを読む

名古屋グランパスの風間監督が愛知県内のひとり親家庭の親子をスタジアムにご招待!!<第3弾>


2017年シーズンのホームゲーム全21試合ひとり親家庭の親子8席合計168名をご招待!
(パロマ瑞穂スタジアム開催13試合 豊田スタジアム開催8試合)

今シーズンから名古屋グランパスの監督に就任された風間八宏監督が、社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会を通じて、ひとり親家庭の親子にホームゲーム(パロマ瑞穂スタジアム&豊田スタジアム)の全21試合に各8席合計168名をご招待してくださいます。
8席は風間八宏監督が現役選手時代の背番号「8」とご自身のお名前の八宏(やひろ)の「8」にちなんでいるそうです。ご招待いただいたお席は、メインスタンドでカテゴリー2のとても良い指定席です。ここからは全選手の動きがとてもよく見え、チームの戦術などに注目しながら試合観戦が楽しめます。


「名古屋グランパス風間監督招待プロジェクト第3弾のお知らせ」の続きを読む

中日ドラゴンズのエース 大野雄大選手がひとり親家庭の親子10組を毎月1回(全6試合)ナゴヤドームにご招待!!<第3弾>


大野選手

2012年7月11日プロ初勝利の日、中日ドラゴンズの大野雄大投手は“ウイニングボールは誰にあげる?“というインタビューに『母親です。プロに入るまで僕のことを女手ひとつで育ててくれたので、一つ恩返しができました。』と観客が皆、感動したコメントでした。ご自身と同じ境遇のひとり親家庭の親子が、生のプロ野球に触れて、笑顔いっぱいになってもらいたいという、大野雄大投手の熱い思いからこのプロジェクトが始まりました。このプロジェクトは、株式会社中日ドラゴンズ様が、社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会を通じて実施するものです。


「中日ドラゴンズ大野雄大選手招待プロジェクト2017 -Yudai’s Monthly Invitation-」の続きを読む

平成29年大相撲名古屋場所 親子相撲教室&初日観戦にご招待


親子相撲教室と大相撲名古屋場所に100名様ご招待!!

新横綱 稀勢の里の誕生でさらなる盛り上がりをみせている大相撲に日本相撲協会、中日新聞社、松本テクニコ様のご厚意でひとり親家庭の親子100名をご招待いただけることになりました。また、初めての観戦の方にも相撲を存分に楽しめるように相撲の歴史や知識、マナーをわかりやすく伝える相撲教室を同日開催していただけます。ぜひ親子揃って大相撲の世界をお楽しみください。


「平成29年大相撲名古屋場所 親子相撲教室&初日観戦にご招待のお知らせ」の続きを読む

名古屋グランパスの風間監督が愛知県内のひとり親家庭の親子をスタジアムにご招待!!


2017年シーズンのホームゲーム全21試合ひとり親家庭の親子8席合計168名をご招待!
(パロマ瑞穂スタジアム開催13試合 豊田スタジアム開催8試合)

今シーズンから名古屋グランパスの監督に就任された風間八宏監督が、社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会を通じて、ひとり親家庭の親子にホームゲーム(パロマ瑞穂スタジアム&豊田スタジアム)の全21試合に各8席合計168名をご招待してくださいます。
8席は風間八宏監督が現役選手時代の背番号「8」とご自身のお名前の八宏(やひろ)の「8」にちなんでいるそうです。ご招待いただいたお席は、メインスタンドでカテゴリー2のとても良い指定席です。ここからは全選手の動きがとてもよく見え、チームの戦術などに注目しながら試合観戦が楽しめます。


「名古屋グランパス風間監督招待プロジェクトのお知らせ」の続きを読む

中日ドラゴンズのエース 大野雄大選手がひとり親家庭の親子10組を毎月1回(全6試合)ナゴヤドームにご招待!!


大野選手

2012年7月11日プロ初勝利の日、中日ドラゴンズの大野雄大投手は“ウイニングボールは誰にあげる?“というインタビューに『母親です。プロに入るまで僕のことを女手ひとつで育ててくれたので、一つ恩返しができました。』と観客が皆、感動したコメントでした。ご自身と同じ境遇のひとり親家庭の親子が、生のプロ野球に触れて、笑顔いっぱいになってもらいたいという、大野雄大投手の熱い思いからこのプロジェクトが始まりました。このプロジェクトは、株式会社中日ドラゴンズ様が、社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会を通じて実施するものです。


「中日ドラゴンズ大野雄大選手招待プロジェクト2017 -Yudai’s Monthly Invitation-のご案内」の続きを読む

お知らせ・トピックス一覧>>

交通アクセス

交通アクセス地図

>>詳しく見る

愛知県母子寡婦福祉連合会

TEL 052-915-8862

〒462-0033 名古屋市北区金田町3-11

FAX 052-915-8444

受付時間/月〜金 午前9:00〜午後5:30