トップページ > 【令和2年度コロナ禍で更に辛い想いを しているひとり親家庭アンケート第1弾調査報告】

新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の災禍は、まだまだ予断を許さない状況にあります。平常時から経済面、生活面で大変なひとり親家庭においては、更に大変さが増していることと思います。
社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会は、「コロナ禍で更に辛い想いをしているひとり親家庭アンケート」を通して、コロナ禍によるひとり親家庭の生活の変化及び今後の生活の上でのお悩みやお困りごとをお聞きし、当法人が実施する社会貢献「ひとり親家庭に明るい笑顔と元気を届ける」活動に繋げていくため、更に、行政へも皆様の声をお届けして、今後の支援施策検討の方向性に役立てていただくためにアンケートを実施しました。

調査の概要

【調査対象】愛知県内に在住する高校生以下の子どもを持つひとり親(お年玉プレゼントへ申し込みをされたひとり親)

【調査方法】オンラインまたは書面での回答

【調査期間】令和3年1月8日(金)〜令和3年1月28日(木)

【回 答 数】1,248

【調査項目】

  • 新型コロナウイルス感染拡大による生活などへの影響
  • 今後の生活における困りごと、悩みごと
  • コロナ禍での不安や悩み
結果の概要

【新型コロナウイルス感染拡大による生活などへの影響】
「仕事がなくなった・仕事が減った」50% 5割  
「収入がなくなった・収入が減った」60% 6割  
「出費が増えた」76% 8割弱
「子どもの居場所・預かりについて、困ったことがあった」38% 4割弱
「子どもの学習について、困ったことがあった」59% 6割弱
「自分のストレスが増えた」82% 8割以上
「子どものストレスが増えた」74% 7割以上

【今後の生活における困りごと、悩みごと】
「出費の増加」が9割以上、「子どもの学習」「子どものストレス」が7割弱
「自分のストレス」「収入の減少」が7割弱、「健康」が6割弱

【コロナ禍での不安や悩み】
「生活費」45.2%
「子育て・教育」16.2%
「新型コロナウイルス感染」38.6%  


自由記載より


【感染した場合の不安】

  • サービス業をしているので、毎日多くのお客様と接触するので心配です。 自分が感染して入院することを考えると子供をどうしたら良いか不安です。 
  • 子ども(9歳児)の(私がコロナに感染時に)病院が受け入れてくれず困りました。

【仕事・減収】

  • 収入が無くなり仕事も見つからずに困っています。今日生きるのも大変です。 
  • 失業した、この先がとても、不安だ。
  • 12月末にコロナの影響で派遣雇用契約が終了し無職になりました。現在仕事を探しておりますが未だ就業先は見つかっておりません。
  • 倒産するので1月末で退職してほしいと言われました。大学生の息子と中学2年生の娘の今後の生活が不安です。

【経済面】

  • 副業もして家計を支えていますが、イベントの仕事の副業はコロナな影響でめっきり減ってしまい、他の副業も検討しています。
  • 中学生の制服がブレザーになり全てそろえると10万ぐらいかかり大変です。
  • 昨年、病気を発症したのと、コロナ禍での時短休業で働くこともままならなくなり生活費、学費、家賃で困窮しています

【手当・給付金】

  • 愛知県遺児手当が6年目以降0円になってしまうのはとても不安です。
  • 児童扶養手当の子供の1人目と2人目以降の金額の差が大きいなと感じます。

【子どもの預かり・子どもの学習】

  • 中学生(中2)がいますがコロナで学校が休みのうめあわせで授業が早く進んでついていけないです。市がやっている塾のサポートを受けているが緊急事態宣言が出たのでサポートもなく学習面でとても困っています。
  • 子供が重度知的障害のため、コロナでデイサービスが自粛になり、預け先がなくなりとても困りました。1人で留守番ができないため、見ていてもらえないと、勤務ができないからです。
  • 保育園でコロナ感染者が出たため保育園が休みになり預け先がないため仕事を休まなくてはいけなかった。

【ストレス】

  • 閉塞感がコロナにより増して、不安感恐怖感・ストレスで眠れない。
  • コロナ禍もあり、もともと心もとない生活だったのが、不安定な先行き感が増している。
  • この先、いつ仕事がなくなるか不安な毎日です。先行の不安からなのか不眠症になり、安定剤を飲まないと寝れなくなりました。

【子の不登校・病気】

  • コロナ感染や収入減も大変ですが。上の子は高校卒業後の就職先が未定、下の子が昨年のコロナ休暇以降不登校になり、不安やストレスで毎日辛いです。
  • 子供が去年から不登校になり精神的まいっている。

【相談】

  • 近くに親戚か居ないため、父子家庭だと怪我や病気時に頼れる人がいないので不安です。
  • 誰も頼れる人がいません。
  • 不安事を心をひらいて話せるひとがいない。

【養育費】

  • 養育費の取り立てを迷っている。
  • 養育費が少ない事がこの先不安。

【スマイルBOX支援】

  • 今回コロナ禍で気分も落ち込みがちな中、「スマイルBOXプレゼント」を知り、子どもと共に少しでも笑顔になれればと思い応募させていただきました。
  • この度、息子の学校からのチラシと、新聞にこの件が載ってました。この状況の中、手を差し伸べて頂けることに感謝します。例え抽選にもれたとしても、この事業を立ち上げてくれて、有難うございました。
  • 新聞で初めて知りましたので応募させていただきました。進学後の学費も不安があります。こういった支援は母子家庭には助かります。
  • この度はこのような支援を企画いただき本当にありがとうございます。このような企画があるだけで世の中から見捨てられてないと思い、少し心が楽になります。